<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
日本酒ブーム
日本酒新時代が到来しているそうです。
確かに、書店でもその特集の雑誌をよく見るなとは思っていました。
学生の頃日本酒でイタい思い出があって、お酒は好きでもずっと敬遠してきた日本酒。
まわりでも似たような話をよく聞きます。

でも去年くらいから、日本酒専門店になにげなく入ったら、種類もサイズもデザインもいろいろあって自然と興味がわいて、にごりの発砲系を飲んだらとっても飲みやすくて軽い、おっさんっぽいイメージの日本酒とは全然ちがう。
麻布十番商店街に八海山のお店があって、そこで生酒をのんだらとろとろしておいしい〜。
よく聞くフル〜ティ〜(笑)さもあったり。。。

きき酒なんかもしちゃったり、YK35とは。。とご教授いただく機会もあったり、確かにきてるんだと思います。

日本酒は日本発祥のもの。モノ作りを大切にする文化の中作られたものだから、信用できるし、ブームにしてしまうのはもったいないと思います。
でも昨日のニュースで、どこかの有名酒蔵が吟醸を大吟醸に偽装していたとニュースになってました。
社長曰く「味がかわらなかったから。。。」

おいおい。。。








JUGEMテーマ:インテリアデザイン
金継ぎマイノリティー
 去年から始めた金継ぎ。
欠けたものの修理からはじめ。。。約6つの工程をへて完成。

欠けは、コクソ漆を盛って補修。10日くらい乾燥。



盛ったところを削って、中塗りを2回その都度乾燥させそして研く。




漆(べんがら漆や呂色)を塗って、好みの金属粉(金、真鍮、錫、銀)を蒔く。



最終鯛牙もしくはめのうで磨いて完成。

今回は割れ、ヒビものを修理習得しようと再スタート。
皿とか、ガラスとか、漆器とかバリエーション豊かに今回は知り合い関係から預かったものを修理。
割れた箇所をくいつきよく削って、麦漆と生漆をまぜたもので接着。
10日ほど乾燥させたら、順次工程に続きます。



となりで作業していた女子のナイスなマグ。持ち手を継ぎ、さらに二人の
ベストフレンドの横に、、、




もう一人参入(笑)。乾燥させて磨いたら完成だそうです。


このように継ぐだけでなく、付け加えることもできます。

接着剤で瞬時の修復も可能だし、家庭用3Dプリンターも普及してきたこのご時世。
でもそこをあえて時間と手間をかけること。
そして先人の知恵を継承しながら口にいれても害の少ない、小麦粉を練って漆を混ぜたもので接着し、自然のものを使って修理すること。
継いだり書き加えることで、あらたな価値がうまれること。
ぜひ習得したい!


ちょっとしばらくはまりそうです。
吉祥寺_いせや引き興し
 先日の11月3.4日の休日は、文化の日もあってか、デザイナーズウィークやTIDE等、各所でおもしろそうな催しが様々行われていましたね。
何に行こうかと考えてたところ、数日前に友人からこの写真が届きました。

いせや本店は、数年前にビルに立て直し完了。公園店はずっと古いままで、学生のころから何十回と行っている(もしかしたら一番行ってる店かも)ほんとうに思い出深い店。
吉祥寺特集的な雑誌に掲載される写真は、なんだかとても雰囲気ある店に写っているけど、実物はめちゃくちゃでただただ古くて、味はいたって普通。。。でもほんと良い店でした。
そんな大勢の人に愛された店は、少し前に立て替え工事のため取り壊されました。

「引き興し」って?ポスターに書いてある説明を読んでもまったくわからず、一体なにするんだろ?という疑問をもちながら、わかんないけどおもしろそう。。
で、気になって見に行きました。

当日行ってみると、結構人が集まっています。中には、犬の散歩、サッカーの親子グループ、たまたま通りがかりの人も多そうです。



見ると、そのまま移築された状態なのかと思ったら木軸のみ。図面をもとにおこしているっていうけど、どこを再現したのか?となんかちょっと拍子抜け。
細いロープがたくさんつながっています。
なんだろ?これ、おもしろいんだろか?意図は何?ほんとにいせやなの?とだんだん疑問が膨らみ、これはもしや理解不能な現代アートか?と少し後悔しはじめました。


かけ声で、ロープをひきはじめましたが、びくともせず。見ていた人が何人が参加して再度ひきますが、全く動かず。「こんなロープじゃ無理でしょ、企画倒れじゃないの?」とつぶやきながらも、何回かのチャレンジが続き。。気づけばほとんどの人たちがロープにぎってます。中には、「なんかわかんないけど。あれおこすんだって。」という人や、「サッカー後でやるから今こっち〜」とかいいながらチビッコもキャッキャ言ってひっぱっています。


そしたら、

















興しあがった瞬間、皆拍手と歓声。そして達成感と爽快感が流れて。
なんか感動してしまいました。
やらなくてもいい無駄なことで。。。
やらなくてもいい無駄なことで感動するっておもしろいし、ひさしぶりのような。。。

こういうハプニングというか、セッションのようなライブ感のあるアートイベント
っていいなと凄く思いました。
その場の雰囲気を伝えられたらと思ったら、言葉も写真も多くなってしまいました。

このアートを、造られたのが、加藤翼さんという方です。添付のアドレスに過去の引き興しの動画があります。それもおもしろかったです。

http://mujin-to.com/artist_kato.htm
ホームページ掲載
18日発売されました「WEB DESIGNING」という雑誌にホームページが掲載されました。
ありがとうございます。
WEBの専門誌なので、なかなか手に取ることも少ないかと思いますが、普通の本屋さんで取り扱いあると思います。ぜひお手に取ってみてください。

制作してくれたベルリン君(岡田尚志氏)のサイトもHP内リンクはってます。
彼のWORKSとイラストから、クールでストイックで繊細緻密、それでいて愛のある世界観を垣間みることができます。
ぜひぜひご覧ください。。。










テーマ:インテリアデザイン
 
早朝散策
 
梅雨が昨日で明けました。これから連日猛暑が続く事でしょう。

今朝は近所を散策です。



△ あの〜、営業してるんですか??



△ どこが最初の建物なのか?右側の後方ベージュの壁面と、手前アルミ鋼板部分もつながっています。
継ぎ足したあげく傾いてるし。。。(笑)
なんか、今にもうごきだしそうな、、「実写板ハウルの動く城」みたいな家。