<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< これからこれから。。。 | main | KNOCK かくれ話 >>
KNOCK CUCINA BUINA ITALIANA III EBISU

9月11日「KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA 恵比寿」がOPENしました。

KNOCK3番目の店、そしてREVELDESIGNとしてはMIDTOWN店に継いで設計デザインに携った2店舗目です。

KNOCKは「ピエモンテ州に自分達のお店があったらどんな食堂を作ろうか?」をコンセプトに山のイタリアンメニューを展開。そして常にお店側がお客様を楽しませるような仕掛けやサービスを探求しカタチにし、各店舗いつも満席。それをキープするために真摯に取り組む姿勢、さらに楽しんでいる姿勢と斬新なアイディアには、いつも感心させられます。そしてこちらもより一生懸命になってしまうのです。

今回のお店のデザインテーマは、当初から迷うことなく素直に「自分が今行きたい店」。デザインに対して信頼してもらっていた分、いつになく自分の意思をストレートに打ち出しました。そして「暮らしに古いものを取り入れ、大事にすることがあたり前のヨーロッパの雰囲気」をコンセプトに、古材を基調としたラフで温かみのある居心地の良い空間をイメージしました。そして手触り感とか手仕事が感じられるような。。

今回なによりありがたかったのが、全ての協力業者さんの意識とスキルが高く、それが仕上げの精度に見事に表れたことです。夏の思い出のように良い体験ができました、ありがとうございました。関わった人たちの気持ちが注入されて本当に良い店になったと思います。

それを象徴するようなエピソードが。とある所轄官庁の強面担当官、それまで何回か顔あわせても一切顔色をかえなかった方が、完了検査時の最後に「とても雰囲気が良い料理が美味しそうな温かみのある店ですね(ニコ)。」とコメントされました。普段担当官が個人的なコメントを言う事はまずなく、さらにそんな事をいうようなタイプには到底見えない人が。。驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

 

COMMENT









Trackback URL
http://revel-design.jugem.jp/trackback/89
TRACKBACK